子どもと楽しい毎日を!!

西日本豪雨で被災地になってしまった…子どもたちの反応は?

久しぶりに元気にブログ書きます!

 

7月7日子どもたちが楽しみにしていた七夕の日に西日本豪雨で被災地になってしまいました。

 

西日豪雨で被災地になってしまった…子どもたちの反応は?

 

私たちは無事だったのですが、友人を亡くしたり、無数の土砂崩れで家を流されたり、様々なモノが水没している水の中をなんとか避難してきた友人たちもたくさんいました。
本当に涙が出る思いです。
残念でなりません。

 

8月4日土曜日。
もうすぐ被災してから間もなく1か月ですが、友人たちはまだ避難所暮らしです。
テレビではニュースにもならなくなったのに…。

 

コチラではまだ断水が続いています。
日本各地の給水車や散水車が集結してくださって、がんばってくれています。

 

 

さて、ダンナと子どもたちですが…。

 

アスペルガーのダンナは地域の人たちを毛嫌いしてなじめずにいたのですが…
私が子どもたちを誘ってゴミをはいていると…アスペルガーの長男は手伝ってくれませんが…ダンナもほうきを持って手伝いに来てくれました(^.^)
すぐ横では地元の男性たちがみんなが大汗かきながら土砂をどけています。
これはチャンス!!と思ってダンナに一言!
『こんな女子供の手伝いなんかしてないで、男の仕事やっといで!!なんのための筋肉よ?』
ダンナは無言で道具をスコップに持ち替えて出直してくれました!!
そして!!
休憩時間には自分の愛飲しているアイスコーヒーを男たちにふるまったのです(涙)!!

 

これって、フツーのことですよね?
でも、ここに住んで10年以上たちますが、初めてのことでした!
翌朝もいないと思ったら黙々と作業に参加していました( ;∀;)!!

 

本当にみんな大変な思いをしています。
だけど、ホントに『雨降って地固まる』だな…と(*^^*)

 

亡くなった方もいて、家を失った人もいて、一重にホッコリしてられませんが、ダンナだけでなく、たくさんの人たちとのつながりや支えあいを改めて感じました。

 

 

私は子どもたちにも一生に一度あるかないかの惨状を見て、感じてもらおうと、被災した町中を車で連れて回りました。
町中の人たちが心身ともにひどい目に合ってしまったことを訴えました。
…だけど、な〜んにも伝わりません。。。
『ウェ〜酔ったぁ〜、ウェ〜』
狭い車の中、長男と次女のバトル!
心には響かないのかぁ…とも思ってはいたけど…ひょっとしたら、って思ってました。

 

…はぁ。

 

仕方ないのかなぁ…

 

お日様が見えて、下二人の妹たちは…ぐっちゃらぐっちゃら…ヘドロ遊び♪
たまには泥んこもいいかな(^-^)って思ったら…
せっかく干した洗濯物に泥をなすりつけやがってぇ〜(怒)!!
『キャーッ(≧∇≦)!!』
と言って逃げていきましたよ(-_-;)

 

ちなみに、うちは井戸水があって助かりました♪
でも、トイレは水をバケツにくんで流さなければならず、長男は水の加減がわからず水びたしにしてしまう(-_-;)
→ダンナが毎度ブチ切れる。

 

早く断水終わんないかなぁ…。